投資対象は11銘柄

個人トレーダーが全部の銘柄について情報収集する事は難しく、またその情報は既に古いものである事が多く、インフォメーションを知った場合には株の値に既に反映されている事も少なくない。

株取引をスタートしようとした人が挫折したわけがもっとも多いのは、銘柄選びではないだろうか。

たくさんの銘柄から業績の良い会社を選び、チャートなどから株価が上がりそうか予想する事は、時間的にもロスは大きいだし、それに見合った益を得られるとは限りません。

金融と投資 関連情報

日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。 日本郵政グループのゆうちょ銀行は2009年1月5日に、全国の民間金融機関が振り込み処理などに使っているコンピューターシステム(全銀システム)へ接続する。接続後は全国の金融機関と相互に振り込みができるようになるが、ゆうちょ銀の口座に振り込む場合は従来の番号とは別に、新たに割り当てられる振り込み専用番号が必要となる。(石井重聡) 個人向け国債は、大手行、証券会社などの間で販売競争が激化し、商品券贈呈などのキャンペーンを行うところが多い。同行は今年6月の販売時にも、二酸化炭素の排出権取得を組み込むなど、環境問題への取り組みを積極的に打ち出して差別化を目指す。申し込みは、店頭のほか、インターネットのホームページ上では24時間受け付ける。 五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。